シミが残る原因とは?

シミ化粧品-しみが残ってしまうのはなぜ?



しみは紫外線によって黒くなったメラニンが肌に沈着する事によって起こりますが、ここで気になるのが、どうしてそのまま肌に残ってしまうのかという事です。通常、人の肌はターンオーバーという現象が常に起こっています。

ターンオーバーとは、肌の細胞が周期的に新しいものに入れ替わるという体の基本的な機能です。肌の細胞は常にいきいきしているという訳ではなく、日数が経つとともに古くなり、元気がなくなっていきます。
http://www.exermusic.com/biyoeki/

これが新しい細胞に入れ替わる事をターンオーバーと呼びます。人の肌の細胞は正常な状態ではおよそ30日ほどで全ての細胞が新しく入れ替わる事が知られています。ですが、しみは長く残ってしまう事もあり、細胞が入れ替わっているにも関わらずその色は薄くなっていきません。

これは実は、しみができた箇所ではその周辺でも合わせて肌がトラブルを起こしており、細胞が上手に入れ替わらない状態になっているのです。

トラブルには様々な原因がありますが、これも紫外線が大きく関係しています。また、しみは年齢が高くなると共にできやすくなりますが、年齢が高くなると肌の細胞も若い頃に比べて元気がなくなります。また、ターンオーバーを含めた体の肌をきれいに保つ機能も低下しやすくなります。
ポンズ

これがしみで色素が沈着した細胞が新しい細胞に入れ替わっていかない理由になっています。30歳を過ぎたあたりからは特にこうした機能は低下しがちになります。

こうした事がしみがずっと残ってしまう原因となっています。しみは日ごろのケアや美容外科などで薄くしたり、なくしたりする事ができますが、やはり費用も大きくかかってしまう事もあります。そのため、なるべくならしみができる前に防いでいきたい所です。

紫外線は極力避けるようにし、沢山太陽の光を浴びてしまったと感じた時は、その日の終わりに必ずケアをしておきましょう。肌を良い状態に保っておくと、予防も効果が出やすくなります。

ハイドロキノンクリームの前にケミカルピーリング

肌のお手入れに、ケミカルピーリングという方法を使っている方もいます。 ケミカルピーリングとは肌に古くなったまま残っている角質をピーリング剤というものを塗って取り除くという方法です。 しみのケアにも、このケミカルピーリングは役立ちます。

メラニンは角質に沈着しているという事も多く、ピーリングで角質を除去すると、しみも薄くする事ができるのです。 しみで悩んでいる方は一度試してみるのも良いでしょう。

ピーリング剤を塗ると何が起こるかというと、肌の一番表面の層がはがれやすくなります。 肌はターンオーバーという古い細胞を新しい細胞に入れ替えるという働きを常に行っています。

例えば日焼けなどで黒くなった肌が段々と薄くなっていくのも、この肌のターンオーバーが理由になっており、古くなった皮膚の皮がはがれて、新しい皮膚に生まれ変わっています。 ターンオーバーが起こると、シミがついていた表面の皮膚もはがれ、シミの除去に繋がります。

シミにも種類があり、シミができた原因によって分類されます。 ピーリングで除去できるのはニキビや炎症などが原因でその跡がしみとして残ってしまったというケースです。 当てはまる方はピーリングを試してみると効果がある可能性は高くなります。

エステサロンやクリニックでケミカルピーリングは行ってもらえますが、最近は市販の自宅で使えるピーリング剤というものも売られているため、これを使うのもお勧めです。 ただし、やはり本格的な効果を得られるのは施術を行って貰う方がやはり良いです。

自宅で行うものは安全性を重視されており、効果も少し弱めに作ってあるものが多くなっています。 そのため、十分にしみが消えきらないという事もあるかもしれません。

まずは自宅でためしてみて、それで消えれば良いですし、消えなければ施術や別の方法を考える事を最初から頭に入れておくと、市販のピーリング剤を購入してがっかりするという事も少なくなるでしょう。

紫外線を浴びて日焼けをしてしまったら?

紫外線対策は入念に行っている方も多いですが、中には忘れてしまったという事もあるものです。 そういった時に紫外線を浴びて、日焼けしたり肌が赤くなってしまったという事も時にはあります。

そういった時には、悔やんでも仕方がないので入念なケアをしておく事が大切です。 日焼けは数日経てば痛みや赤みも引いていく事が多いため、あまり気にせずにいる方も多いですが、実際は皮膚がやけどをしている状態で、ケアをするのとしないのでは差が出てきます。

日焼けをしてしまったと感じた時は、まずは冷やすようにしましょう。 そのまま放っておくとひりひりとした刺激が長く続きますが、ぬるめの水で冷やすだけでも症状がかなり違ってきます。

シャワーを流しっ放しは大変なので、氷水を入れた袋を日焼けした部分に当てたり、濡らしたタオルを当てておくと良いでしょう。 ある程度の時間当てたらそれで終えても良いですが、少し日焼けしすぎたと感じた場合は、日焼け用の軟膏を塗っておくと良いでしょう。

また、日焼けした部分は熱を持っており、体内の水分を発散させることで熱を逃がそうとします。 そのため肌がとても乾燥しやすい状態になっています。 肌への水分を補うために、化粧水を多めに付けておきましょう。 日焼けした後に肌がぼろぼろになるのを防ぐ事ができます。

また、やけどに効果的と言われているのがアロエです。 アロエは以前からやけどの炎症を抑える効果があると言われており、ジェルのクリームなどを使うと保湿効果もあります。

日焼けした後は放っておくと肌が茶色くなり、その後は段々と皮がめくれてきます。 その際に、気になるからと言って自分で無理に皮をはがそうとするのはやめましょう。 無理にはがすことで痛みがある時もありますし、きれいな普通の状態の肌の皮までめくってしまう事もあります。

また、数日たっても痛みが消えない場合は、病院に行って診て貰う方が良いでしょう。日焼けと言っても油断はせず、きちんとケアはしていきましょう。

↑ PAGE TOP